ホットヨガが続かない人へ!超ズボラな私が続けられてる理由

ホットヨガが続かない人へ!超ズボラな私が続けられてる理由

この記事は、

「ホットヨガをやってみたいけど、続けられるかな…」という人や、

「ホットヨガに通ってるけど、ちょっとめんどくさくなってきた」という人に向けて

ズボラ代表の私がホットヨガをストレスなく続けられてる理由をお話しします。

月1で冷蔵庫の中に化石を生成するズボラです…

ホットヨガが続かない!と思ったら

ヨガが続かない女性

すでにホットヨガをやっている人なら、ほとんどの人が、「レッスンに行ってしまえば楽しい」のではないかなと思います。体験とかで「楽しい」「気持ちいい」と感じたから入ってるわけですしね。

「レッスンの内容が大きく変わった」とか、「好きなインストラクターさんがいなくなっちゃった」とか、初めに「やってみたい」と思ったときから大きな変化があった場合は別ですけど、特に何も変化がなければ自分のモチベーションを上げることが大事です。

そこで言っておきたいのが、何かを続けるということは当たり前ではないということ。だから、「続かない自分」を悪者にして責める必要はないんです。ましてやヨガを続けるにしろ続けないにしろ誰に迷惑がかかるわけでもない。なのに「続かない…続けるにはどうしたら?」と考えるなんてすごいです。超エライ。

だってより良い自分になりたいとか、もっと動けるようになりたいとか、なんか趣味を持ちたいとか、「何かを良くしたい」って気持ちでいるわけじゃないですか。そんな自分を褒めましょう。いや私が褒めましょう。ほんとすごい!偉い!頑張ってる!素敵!

ここまでが前提として持っていて欲しい気持ちです。長くてごめんね。

ズボラな私でも続いてる。楽しくホットヨガを続けるためのコツ

ホットヨガが続かない女性

では、ズボラな私でもストレスなくホットヨガを続けられているコツをお話ししましょう。

めんどくさいのは「行くまで」

家で準備してヨガスタジオに行くまで。この時間に「めんどくさいな〜、今日やめちゃおっかな」と思うこと、私も多々あります。でもね、私は年季の入った本格的なズボラだから、自分がめんどくさがるってことくらいおみとおしなんですよ。

そこでポイントなのは、「めんどくさいけど行ったら楽しい」「私は本当は行きたいと思ってる」ってことを自覚すること。「めんどいってことは、やっぱり好きじゃないのかも」「向いてないのかも」みたいに考え始めるのは、やらない理由を探してるだけなんですよ。

だってほら、やらない理由って考えてみればいくらでも出てくる。本当は「やりたい」って思ってることでも、やらない理由を考え始めたら絶対に出てくるんです。

人間だから「めんどくさい」って思う気持ちは絶対に出てくるけど、それを重くとらえないようにすると良いです。

職場に近い店舗より家から近い店舗が続けやすい

ホットヨガをやっている知り合いや、人のブログを見ているとお仕事帰りにホットヨガに行く人も多いんですよね。私も以前スポーツジムに通っていたときは当時の職場から近くの店舗を選びました。

でも、ホットヨガって尋常じゃない汗かくじゃないですか。シャワーを浴びても発汗モードがしばらく止まらないんです。すぐにメイク直しして帰るとかできないし、めんどくさい…すっぴんで電車乗って帰るのもちょっとイヤだなと思って、ホットヨガは自宅から近くの店舗にしました。

結果、スポーツジムは通わなくなったけど、ホットヨガは続いてます。

もし、職場から近い店舗と自宅から近い店舗で迷っているなら自宅近くがおすすめです。

ヨガセットを準備しておくと続けやすい

これ、すっごいちっちゃいことだと思うじゃないですか。でもね、そんなことないの。「今日ヨガ行こうかな〜どうしようかな〜」って思ったとき、ヨガセットが準備できてると「あ、準備してあるし行こ」って思えるんです。

ヨガセットと言っても、ウェア上下、替えの下着、ヨガマット、タオルの4つだけ。

プラス、ヨガに行くときの服装もセットしておくともう完璧です。セットを準備するのは、ヨガから帰ったタイミングでやるのがおすすめです。

目標はゆるく小さくする

ヨガは1回でもすっきり感を感じられるけど、やはり長く続けることで効果を実感できるものです。

なので目先のことにとらわれて「一ヶ月で5キロやせたい!」とか高すぎる目標を設定してしまうと、「ぜんぜん痩せないしもうやめよう」と挫折しがち。

ゆるく小さな目標を設定して、長く続けた方が結果的に体は良い状態になっていきます。

私は、「動きやすい体を作って毎日を快適に過ごしたいから、やる」と理由づけして、時間を決めずやりたいときにポーズをとるようにしています。するとヨガがすごく身近になって、スタジオに行くのも楽しくなるんです。

もし、自分の中で「やらなきゃいけないもの」になってしまったらお休みしましょう。だってそんなのつまらないもんね。やっぱり「やりたい」とか「楽しい」って感情に勝るモチベーションアップ術はないので、そう思える自分を作れる状況や環境を作るといいかなと思います。

自分を褒めまくる

これはヨガに限ったことではないですが、自分を褒めることを習慣にすると気持ちが前向きになります。最初は白々しい気持ちになってしまうけど、ちょっとしたこと、たとえば、さっきの「ヨガセットを準備した」とかでも「すごい!しっかり準備してえらいなぁ〜」とか、他人を褒めるつもりで自分を褒めるんです。慣れたら言葉に出していきましょう。

人は「自分はダメな人間だ」とか「君は優しいね」とか、人間性に触れる言葉には多かれ少なかれ影響を受けるものです。これは心理学でラベリング効果と呼ばれているもので、「そう言われるとそんな気になって、実際にそうなる」というもの。

なら、自分を褒めてプラスのラベルを貼り続ければ、より素敵な自分になれる。少なくとも自分のダメなところばかり探している状態よりは前向きに、行動的になれます。

疲れたらおやすみして、楽しくヨガを続けよう

ホットヨガを続ける女性

実はこの記事を書いたのは、このブログに来てくれる人の中で「ホットヨガ 続かない」とか「ヨガ 続けるには」とかで検索してくれてる人が多かったからです。

初めから興味のない人や「やめよう」と思ってるときにわざわざそんなの検索しないですよね。私だったら続けたいけどなんかめんどくさいなぁとか、やる気がおきないよ〜ってときに検索するかなと思って、書いてみました。

この記事がモチベーションアップのきっかけになれば幸いです。

ヨガカテゴリの最新記事