話し声が小さい!大きな声を出すためのボイストレーニング

話し声が小さい!大きな声を出すためのボイストレーニング

こんにちは!ボイストレーナー兼ライターのわたやです。

この記事は、「話し声が小さい」、「聞き取りにくい」、「ボソボソと喋っている」と言われたことのある人や、自分の話し声が気になっている人に向けて書いています。

ボイストレーニングで大きな声は出せるようになるのか?
最初に言ってしまうと、答えはモチロン「YES!」です。

大きな声で歌えない、それ以前に話し声すら小さいという人も、ボイストレーニングで声の出し方を改善すれば自然に大きな声で話せるようになります。

今回は、話し声が小さい人の特徴と、原因に合わせたボイトレを紹介していきます。

話し声が小さい人の特徴

耳に手を当てて聞き返す女の子

「自分では一生懸命話しているつもりなのに、「もっと大きな声で話して」と言われるんです…」

私がボイストレーナーとして多くの生徒さんと接してきた中で、割と多かった悩みがこういった「話し声が小さい」という悩みでした。

頑張って話しているのに、そう見られないのは悲しいですよね。
無理して大きな声を出すのではなく、自然に大きな声で話せるようになれれば会話がスムーズになります。

また、声の印象が良くなれば人物としての印象力もアップします。

話し声が小さい人は下記の特徴のどれかに当てはまることが多いです。
まずは、自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  • 人と会話することが少ない
  • コミュニケーションが苦手
  • 会話に自信がない
  • 姿勢が悪い
  • 筋肉量が少ない、または上手く使えていない
  • 家族全員声が小さい
  • 職場など普段過ごす場所が静か

声が小さいと思っている人は、どれか1つ、または複数が当てはまったのではないでしょうか?
上記の原因をタイプ分けすると、次のようになります。

  声が小さい原因
精神的 ・コミュニケーションが苦手
・会話に自信がない
身体的 ・筋肉量が少ない、または上手く使えていない
・姿勢が悪い
環境的 ・人との会話が少ない
・家族全員声が小さい
・職場など普段過ごす場所が静か

あなたの声が小さい原因はどのタイプでしたか?

次の項目では、タイプ別に対策ボイトレを紹介していきます!

精神的な原因で声が小さい人に効果アリ!のボイストレーニング

歌声に悩む牛

「コミュニケーションが苦手」、「会話に自信がない」というのは精神的なものだからボイストレーニングとは違う?

そんなことはありません。

見方を変えてみると、「声に自信が持てればコミュニケーションや会話にも自信が持てる」とも考えられるのです。それなら、ボイストレーニングという方法で改善につなげることも可能と言えますよね。

また、このタイプの人は声が小さいだけでなく、話し方がボソボソと聞き取りづらい、急いで話しているつもりはないのに早口と言われる、といった人が多いです。

簡単なボイストレーニングで、まずは丁寧な話し方を身に付けましょう。

母音(ぼいん)で読むボイストレーニング

母音を解説する女性

言葉は、母音(ぼいん)と子音(しいん)に分けられます。

日本語を音として見てみると、「ん」を除くすべての音に母音がくっついています。
「母音?いきなりよくわからない言葉が出てきた!」と思わないでくださいね。

簡単に言うと、母音は「あ・い・う・え・お」、子音はそれ以外の音です。(「さ」とか「た」とかです)
母音と子音については、英語の授業で習った覚えがあるかもしれません。

母音を発音しているとき、声は舌や唇で遮られることがありません。
試しに「あいうえお」と言ってみてください。スムーズに喉から音が外に出るのを感じるはずです。

それではボイストレーニングを始めましょう!

まず、例文を声に出して読みます。

【例文】
「今日はいい天気です。
気温は28度で、
少し暑いですが、
爽やかな風が、
吹いています。」

普通に読んだら、次は例文を母音だけにして(子音を取って)読んでみましょう。

【例文(母音のみ)】
「おうわ、いいえんいえう。
いおんわいううあいおえ、
うおいあういえうあ、
ああああああえあ、
ういえいあう」

文字に起こすとちょっとシュールですね。

ゆっくりと、ていねいに、普通に読んでいるときと同じイントネーションで読む

母音だけでスラスラと読めるようになったら、もとの例文を読んでみてください。
きっと、違いを感じられるはずです。

少しでも違いを感じられれば、それはやがて「声に自信を持つこと」につながっていきます。
好きな文を作ったり、好きな歌のフレーズやキャッチコピーなどで練習してみてください。

話し方がスムーズになり、会話に自信がついてきますよ。

この、「母音で読むボイストレーニング」は日本を代表する劇団の劇団四季が取り入れていることでも知られています。
ミュージカル俳優・女優になったつもりで楽しくボイトレしてみてくださいね。

声が小さい原因が「身体的」にあった人のためのボイストレーニング

ボイトレ前にストレッチをする女性

声を出すための筋肉や、声帯を上手く使えていない人はこちらに当てはまります。

このタイプの人は、ストレッチや筋トレがオススメです。

日ごろ筋肉を使っていないと、使い方、力を入れ方がわからなくなってしまいます。

腹斜筋を鍛えるトレーニング

腹斜筋を鍛えるのに効果的なトレーニングは、「脚上げ腹筋」です。

キツイ…はい、ちょっとキツイですよね…!
でも、回数は少なくて大丈夫です。

  1. 仰向けに寝そべり、腕を大きく開く
  2. 脚を揃え、息を吐きながら上げる。おへそ周辺の筋肉を意識します。
  3. 真上まで上げる少し前で止め、脚を下ろす。
  4. 床に脚をつけずにもう一度足を上げる

まずは10回続けられることを目標に頑張ってみましょう。
最初は1回でもキツイ…はず。

慣れてきたら、足を上げて降ろす前に3秒程度キープしてみてください。

呼吸を止めないように行ってください。

「環境的」に当てはまった人にオススメのボイストレーニング

静かにするようジェスチャーする女性

いつも静かな環境で過ごすことの多い人は、少しでも多く声を出す機会を作ることが必要です。
声を出す機会が少なければ、声を出すための筋力も衰えてしまいます。

声帯も筋肉ですので、使うことでどんどん声が出しやすくなってきます。

ヒトカラで楽しくボイトレ!

大きな声を出せる場所って、身近な場所にはなかなかありませんよね。

自宅が山の中で、ちょっとやそっとじゃ誰にも聞こえない、とかなら別ですが…
ほとんどの人は、家で歌っていると家族やお隣さんに聞こえてしまうかも?と、無意識にセーブしてしまうはずです。

そこで!一人カラオケがオススメなのです。

週に1回、カラオケで少し声を出すだけでも、話し声が断然変わってきます。

歌いやすい曲をなるべく繰り返して歌う。

人と行くカラオケで同じ曲を歌うことはないと思いますが、楽しみながらも「声を大きく出す」練習なので、繰り返して練習してみてください。

いきなり最後まで歌わずに、一番の終わりまでを繰り返し練習する、なども良いでしょう

そして、ポイントはもう一つ!

離れた対象に向かって呼びかけるイメージで歌うこと。

山の頂上から「ヤッホー!」と大きな声を出すイメージでも良いですし、横断歩道の向こう側の友達に「おーい!」と呼びかけるイメージでも良いです。

自分がイメージしやすいものでかまいませんが、しっかりとイメージして声を出しましょう。
声が対象まで放物線を描くように飛んでいくイメージで歌います。

また、1人カラオケはなんだか気恥ずかしい、という人もいるかもしれませんね。
最近では、1人カラオケ専門店も普及してきていますよ。

実は私、昔カラオケ屋さんでアルバイトをしていたことがあります。
そのカラオケ店は1人カラオケ専門店ではありませんでしたし、歌手を目指す人が集まるようなお店でもありませんでしたが、平日昼のお客様の半分は「おひとりさま」でした。

ボイストレーニングの生徒さんの中には、ヒトカラは店員さんの目が気になる、と言っていた方も多かったのですが、お店側からすると特に気にしていなかったりするのです。

と、いうわけで、安心してヒトカラしてきてください!

カラオケ前に行いたいボイストレーニングはこちらを参考にしてみてください。

歌が苦手な人へ…カラオケ前の簡単ボイトレで気持ち良く歌おう!

カラオケ前に喉のウォーミングアップになる簡単なポイントが乗っています。

ボイストレーニングで声は大きく、魅力的になる簡単なボイストレーニングを行うだけでも、声は少しずつ大きくなります。

より効率的に、早く効果を出したい場合には、ボイストレーナーとマンツーマンでのボイストレーニングがおすすめです。

ボイストレーニングで声は大きくできる

ヘッドフォンで音楽を聴く女性

今回は、簡単なボイストレーニングを紹介ました。
声が小さいと悩んでいる人は、気軽に試してみて下さいね。

生活にボイトレを少しずつ取り入れるだけでも、話し声は大きく変わってきます。
話し声に自信が持てると、コミュニケーションにも自信がついてきますよ。

ボイトレカテゴリの最新記事