ピラティスとヨガの向き不向きを診断!2つの違いは?痩せるのはどっち?

ピラティスとヨガの向き不向きを診断!2つの違いは?痩せるのはどっち?

「すっきりキレイなボディラインを手に入れたい」「体の調子を整えたい」と考えている方にとって、ピラティスやヨガは最適な運動です。

どちらも無理なく自分のペースでできる運動なので、日常に取り入れやすいでしょう。

でも、いきなりどちらも始めるのはちょっと無理がありますよね。

そこで今回は、ピラティスとヨガの特徴や違いを比較し、痩せるのはどっちかなどもあわせて解説します。

「はい」・「いいえ」で答えるだけでOKの簡単診断からスタートしたい人はこちらからどうぞ。

ピラティスとヨガの特徴と違いから向き不向きを知ろう

ピラティスとヨガの特徴から向き不向きを知る

ピラティスとヨガどちらも走ったり跳んだりせず、呼吸と併せた動きで身体を鍛えていく運動です。

ここではピラティスとヨガの特徴から、どちらが自分に合っているのか向き不向きをチェックしてみましょう。

ピラティスの特徴とレッスン内容

ピラティスは身体の痛みや障害を器具を使ってサポートし、動きやすくすることを目的として生まれました。

ドイツのジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が発案し、「身体のストレッチ、筋力強化、そしてバランス強化を目的としてデザインされたエクササイズと身体の動作法」と言われています。

現在、日本でも広く親しまれているピラティスは、このピラティスメソッドに基づいています。

体幹(インナーマッスル)を鍛え、姿勢を整えることで身体のバランスを良くし、日常の動作を快適にするエクササイズ」なので、運動が苦手な人でも無理なく始められるでしょう。

ピラティス教室ではグループレッスン・個人レッスンのどちらもあるのが一般的で、グループレッスンでは通常マットを使用するマットピラティス、個人〜少人数のレッスンではマシンを使ったレッスンが多くなっています。

ピラティスとは
  • 体幹を鍛えて動作をスムーズにするエクササイズ
  • リハビリから軍のトレーニングまで幅広い強度のトレーニングがある
  • 肋骨を広げるように行う胸式呼吸

ヨガの特徴とレッスン内容

古代インドで生まれたヨガは本来宗教的な修行であり、輪廻から解脱することを目的として行われていました。日本の座禅の基になっているともいわれています。

日本で流行し始めたのは2000年ごろ。アメリカ・ヨーロッパを経由して日本に入ってきたために宗教的要素が薄くなり、気軽に参加しやすいエクササイズとして受け入れられました。

しかし、現在ではヨガの神秘性やスピリチュアル要素がかえって人気となり、瞑想やマインドフルネスなどの考え方を取り入れ、心と身体の両方にアプローチする心身調律法として親しまれています。

ポーズと呼吸法を大切にして心と身体をリラックスさせるヨガから、動きと流れを重視するヨガまで様々なレッスンがあります。

最近では室内の温度を35〜40度、湿度を55〜65%に調整して行うホットヨガが人気です。

ヨガとは
  • 身体だけでなく心を整えることを目的としたレッスンが人気
  • ホットヨガやエアリアルヨガなど新しいヨガも多数
  • おなかを動かして行う腹式呼吸

【簡単診断】ピラティスとヨガの向き不向きチェック

ピラティスとヨガ、それぞれの特徴は理解できたでしょうか。

「どんなものかはわかったけど、どっちを始めればいいのかな…」という方のために、それぞれの特徴から簡単な向き不向き診断を作ってみました。

直感でクリックしていくだけで、あなたにとってピラティスとヨガのどちらが最適かがわかります。

 

Q1
運動は苦手…リラックスすることから始めたい

あなたの向き不向きはなんとなくわかったでしょうか?

ピラティスとヨガ、痩せるのはどっち?

ピラティスとヨガに共通するポーズ

私は以前ピラティスのレッスンを受けていましたが、今はホットヨガに通っています。始める前には「ピラティスとヨガ、どっちが痩せるんだろう。せっかくなら痩せる方を選びたい!」と思っていました。

しかし、実際にやってみると、自分がより続けやすい方が正解と実感しました。ダイエットのためにヨガやピラティスをやるなら、1回2回じゃそれほど効果はありません。強いていえばピラティスの方が筋トレ感が強めですが、ヨガも強度の高いレッスンを受けると常温ヨガでも汗だくになります。

また、ヨガとピラティスのメソッドの違いよりも、スタジオの雰囲気やインストラクターさんとの相性が「続ける」ことに大きな影響を及ぼします。定期的に行きたくなる場所かどうかが重要ですね。

ヨガとピラティスはどちらも「1週間で5キロ痩せる」なんて怪しいものではなく、続けていくことで着実に自分の身体を鍛えるもの。楽しみながら生活に取り入れることで「お腹が空いているわけでもないのになんとなくしていた間食」を自然に控えられたり、猫背が改善されたりして「痩せる」という結果につながります。

ピラティスとヨガの違いが一目でわかる比較表

  ピラティス ヨガ
運動強度 低〜高 低〜高
発祥 リハビリ目的 宗教的な修行(現在は宗教色は薄いところが大多数)
目的 体幹(インナーマッスル)を鍛え、姿勢を整えることで身体のバランスを良くし、日常の動作を快適にする 心と身体の両方にアプローチする心身調律法
呼吸法 胸式呼吸 腹式呼吸
ダイエットの効果

ピラティスとヨガ、両方やりたい人におすすめの教室

ピラティスとヨガができる教室zen place

東京・横浜・大阪に54店舗展開するヨガ・ピラティススタジオ「zen place」なら、本格的なピラティスとヨガのレッスンの両方を受講できます。それぞれ別の教室に通うとすれば、支払い金額は多くなり通う手間もかかってしまいますから、一つの教室で両方受講できるのは嬉しいですよね。

zen placeはもともとヨガスタジオだった「ヨガプラス」とピラティス専門スタジオ「ピラティススタイル」が統合された大きなグループです。それぞれ確立されたサービスを提供してきたスタジオなので、専門知識をもったインストラクターだけが所属しています。

インストラクターは全米で最も信頼される「ヨガワークス」のヨガ指導者養成講座「ヨガワークスティーチャートレーニング200時間(RYT200)」と「500時間(RYT500)」の資格を取得済み。

運動経験が少なくても安心して通えるピラティス・ヨガ教室なので、一度体験レッスンに行って自分に合っているかを試してみてください。

おすすめ度 ★★★★★(星5つ中5)

年会費・マットレンタル無料!

  • 解剖学ベースの現代的なヨガや最新のプログラムが充実
  • マットやブロックなどのプロップスは無料貸し出し
  • 個人レッスン有。集中して体を変えたい人におすすめ!


\ 当日入会で入会金無料! /

もし、少しでも「身体を変えたい」とか、「しなやかでキレイなボディラインを作りたい」と思っているならまずは一歩を踏み出しましょう。

このページを閉じて何もしなければ、昨日までと何も変わりません。

より良い明日と自分のために、一歩を踏み出してみてくださいね。

ヨガカテゴリの最新記事