パワースポット神田明神は何の神様?ご祭神とご利益を深堀り!

パワースポット神田明神は何の神様?ご祭神とご利益を深堀り!

御茶ノ水駅・末広町駅・秋葉原駅からほど近く、都内でもアクセス抜群の神田明神。

古くから地域を守る神社として以外にも、パワースポットとして、アニメの聖地としても親しまれています。

この記事では、

  • 神田明神がパワースポットと呼ばれる理由
  • 神田明神の御祭神とエピソード
  • 神田明神のご利益
  • 神田明神のアクセス

をご紹介します。

神田明神の魅力を知ってから訪れれば、お出かけがより楽しくなりますよ!

それではさっそく見ていきましょう。

神田明神がパワースポットと呼ばれる理由:神様が三柱も祀られている!

神田明神 境内

東京23区の中心である千代田区に位置し、1300年以上の歴史を持つ神田明神

神田明神が強力なパワースポットと言われるのは、異なる3柱の神様が祀られていることが由来しています。

神田明神の正式名称は「神田神社」と言い、神田や日本橋を始めとして100以上の町会の総氏神として親しまれてきました。

社殿は関東大震災の際に起きた火災で焼けてしまいましたが、11年後の昭和9年に再建。

神社は木造が常識だった当時としては珍しく、防火性を重視した鉄筋コンクリートで建てられました。そのことから太平洋戦争の際、境内に焼夷弾が落ちたにもかかわらず社殿は焼失を免れます。

現在ではパワースポットやアニメの聖地としても人気で、初詣や祭りの時期以外にも多くの参拝客が訪れています。

3柱の神様がいるってことは、1度参拝すれば3つの神社に参拝したのと同じ…?
わたや
わたや
なんかお得!

神田明神は何の神様?御祭神とご利益

神田明神の鳥居

一ノ宮には「縁結び」の神様・大己貴命(オオナムチノミコト)、二ノ宮には「商売繁盛」の神様・少彦名命(スクナヒコナノミコト)、三ノ宮には「勝負運」を授けてくれるとされる平将門が祀られています。

一ノ宮:大己貴命(オオナムチノミコト)「大黒様」としても知られる縁結びの神様

大己貴命 大国主(オオクニヌシ)のイラスト

別名:大国主(オオクニヌシ)、八千矛神(ヤチホコ)、大国魂神(オオクニタマなど)

名称としては大国主の方がメジャー。大国主としては島根県・出雲大社のご祭神となっています。多くの妻を持ち、たくさんの神様と協力して国造りを行なったことから縁結びや夫婦和合、商売繁盛、仕事運アップのご利益があります

仏教の大黒天と大国主が結びつき、大黒様(または「だいこく様」)とも呼ばれるようになりました。

【ご利益】

  • 縁結び
  • 夫婦和合
  • 商売繁盛
  • 健康運アップ
  • 仕事運アップ
  • 豊穣など
古事記では180柱の子どもを持ったとされてるよ
はちゃめちゃ子だくさん!

二ノ宮:少彦名命(スクナヒコナノミコト)酒造や医療・商売繁昌の神様

少彦名命(スクナヒコナノミコト)イラスト

海の向こうの「常世の国」から現れたスクナビコナは、オオクニヌシと一緒に国造りをした医薬健康・商売繁盛・開運の神様です。とても体が小さく、一寸法師のモデルになったとされています。

神田明神ではスクナヒコナをえびす様と同一神としていますが、この意見は全国的に見ると少数派です。

【ご利益】

  • 健康運アップ
  • 酒造豊穣
  • 商売繁盛
  • 産業の活性化
  • 海における守護
  • 縁結びなど
神田明神のえびす様は
波のオブジェの中にいるよ
ちっちゃいけどすごい神様なんだ

三ノ宮 :平将門命(タイラノマサカドノミコト)

平安時代中期の武将・平将門。

「平将門の乱」を起こした人物として知られていますが、なぜ神様として祀られるようになったのでしょうか。それを紐解くには将門がどのように生きたのか少し知っておく必要があります。

【平将門の人生】

将門が30手前の頃、父・良将(よしまさ)の死をきっかけに一族間の領土争いが勃発。将門は父が残した領地を親族に奪われ、度々争いに巻き込まれています。やがて朝廷とも争うようになった将門は、朝廷から反逆者として見なされました。勢いにのった将門は国司(役人)を勝手に任命するなど勝手な振る舞いを重ねていたからです。

さらに、関東を制圧した将門は自らを「新皇」と名乗り、独立した国を作ろうとしました

これを危険視した朝廷は討伐軍を派遣したうえ、近隣の武士にも討伐命令を出します。

結果、将門が関東に打ち立てた勢力圏は独立宣言から二ヶ月で閉幕。

平安京で晒し首にされた将門ですが、その首は三日後に関東へ向かって飛んで行ったと言われています。人々が将門の首を恐れて首を祀ったのが神田明神から近くの「平将門の首塚」です。

首塚は当時から「武運を高める」と関東の平氏から崇められていましたが、やがて鎌倉時代後期に疫病が流行し、将門の祟りが原因だと噂が広がりました。

そこで首塚から近くの神田明神が将門の霊を供養したところ疫病が沈静化したため、将門は延慶2年(1309)から神様として神田明神に祀られることとなったのです。

【ご利益】

  • 勝負運アップ
  • 厄除け
首だけで飛ぶとか、なんかすごく怖そうだけど…
でも、関東でやりたい放題だった役人たちに苦しめられている民のために立ち上がったとも言われているんだよ

神田明神の周辺・境内

神田明神の手水舎

手水舎は神田明神の境内ではなく、外側にあります。

神田明神 門隨神門(ずいしんもん)昭和50年に建てられた豪華絢爛な門。荘厳な雰囲気が漂っています。

神田明神の境内

夏は暑さ対策としてドライミストゾーンがあります。

神田明神 馬

明(あかり)ちゃんとして愛される御神馬・神幸号(ごしんめ・みゆきごう)のいる場所です。

このときはいませんでしたが、イベントの際には見られるようです。あかりちゃんは脱走して道路を駆け回ったことがある、少々おてんばな女の子です。

神田明神の銭形平次の石碑

広い境内には、時代劇に登場する銭形平次の石碑もあります。

石碑があることで実在する人物のように思われるかもしれませんが、実際は架空の人物です。

神田明神は24時間参拝OK。配布物や受付は夕方まで

神田明神は24時間参拝できます。

しかし、お守りの配布や御朱印の受付はそれぞれ終了時刻が異なるため注意しましょう。

お守り 9時~16時30分
ご祈祷 9時~16時
ご朱印授与 9時~16時
ご朱印帳販売 9時~16時30分

神田明神のおすすめの参拝時間

神社は「日が暮れてからは行かない方が良い」と言われることもありますが、神田明神が公式サイトで「夜もお参りできます」と言っているので問題ないと考えて良いでしょう。

参拝は24時間可能、灯篭の照明は23時で消灯します。

夜も問題なく参拝できるとはいえ、おすすめの参拝時間はやはり午前中です。
午前11時頃〜参拝し、周辺でランチ、散策という楽しみ方ができますからね。

天気の良い日なら清々しい気持ちで参拝できますし、周辺のお店や観光スポットが開いている時間に参拝すれば楽しみも多くなりますよね。

神田明神の所在地・アクセス

所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目16−2

最寄駅

  • 御茶ノ水駅(聖橋口)から徒歩5分
  • 秋葉原駅(電気街口)から徒歩7分

駐車場

神社北側に参拝者用駐車場あり。

駐車可能台数はさほど多くないため、混雑が予想される時期の参拝では近隣の民間駐車場を利用しましょう。

まとめ

神田明神は縁結びや勝負運アップなど、様々なご利益が受けられるパワースポットです。

広い境内と美しい社殿に心が洗われますよ。休日のお出かけに足を運んでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです

東京港区・愛宕神社の「出世の石段」で仕事運アップ!現地レポとご利益

東京パワースポット巡りカテゴリの最新記事